旅行記 八戸市 ビーチ・島・リゾート 地域情報ポータルサイト ちよせ
このサイトについて 
トップ,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 食事処,gourmet,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 宿ホテル,hotel,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 名産,meisan,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 旅行記,report,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 写真,picture,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 質問,question,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真
八戸市の旅行記【ビーチ・島・リゾート】

八戸市の旅行記
八戸・三沢・下北半島 ,1泊2日八戸・種市への旅? 種差海岸→白浜海水浴場→八戸市内
八戸市の地域
八戸・三沢・下北半島
八戸市への旅行者
ムニムニ
八戸市の旅行時期
2015/07/11~" . 2015/07/12
旅行テーマ 【ビーチ・島・リゾート】

1泊2日八戸・種市への旅? 種差海岸→白浜海水浴場→八戸市内

7/11(土)   6:30 自宅出発   6:48 浜松町駅発   7:07 羽田空港着   7:10 セキュリティチェック      朝食 576円   8:05 搭乗開始   8:20 羽田空港発 JAL155   9:35 三沢空港着   9:50 三沢空港発 リムジンバス 1400円  10:45 八日町着      ホテルに荷物を預ける  10:58 八日町発 バス300円  11:20 鮫駅着  11:30 蕪島   おみくじ 100円  12:00 水産科学館      千陽でランチ 968円  12:55 水産科学館発 バス100円  13:20 種差海岸インフォメーションセンター着      遊歩道散策  14:10 白浜海水浴場着  14:29 白浜海水浴場発 バス 100円  14:37 葦毛展望台着      ホルンバイルで休憩 1030円  15:48 葦毛展望台発 バス 100円  16:01 鮫駅着   16:09 鮫駅発 バス 300円  16:50 ホテル着  19:00 魚鮮水産で夕食 2570円  19:40 三春屋で買物 495円 7/12(日)   8:00 市内散策  9:00 チェックアウト  9:32 本八戸駅発 電車 580円  10:07 八戸駅発   いい席を取るため始発駅から乗車  11:03 種市駅着    ウニーク、海浜公園を散策  13:00 喜利屋でランチ 1800円      宏八屋ウニーク店で買物 6132円   13:44 種市駅発 電車 580円  14:33 本八戸駅着      ホテルで荷物受取      カフェで休憩      ハッチ見学   17:30 八日町発 リムジンバス 1400円  18:25 三沢空港着  19:00 三沢空港発  20:15 羽田空港着  20:51 羽田空港発 電車 570円  21:17 三田駅着 経費  名鉄観光パック料金 25600円   JAL往復チケット+ホテル朝食込  その他経費 19101円
八戸市の写真
八戸市の旅行記 種差海岸インフォメーションセンターで下車
八戸市の写真
八戸市の旅行記 遊歩道の入口
八戸市の写真
八戸市の旅行記 白岩
八戸市の写真
八戸市の旅行記 ゆり?
八戸市の写真
八戸市の旅行記 白浜海水浴場
八戸市の写真
八戸市の旅行記 うみねこ号に乗って葦毛崎展望台に向かいます
八戸市の写真
八戸市の旅行記 バナナとショコラのツインのソフトクリーム
八戸市の写真
八戸市の旅行記 フライドポテト&アイスコーヒー
八戸市の写真
八戸市の旅行記 葦毛崎展望台に到着 ホロンバイルで休憩
八戸市の写真
八戸市の旅行記 葦毛崎展望台
八戸市の写真
八戸市の旅行記 北海道が見えます
八戸市の旅行記
八戸・三沢・下北半島 ,下北b 大間崎 本州最北端・マグロ漁が盛んで ☆小島の灯台・啄木歌碑も
八戸市の地域
八戸・三沢・下北半島
八戸市への旅行者
マキタン2
八戸市の旅行時期
2014/09/09~" . 2014/09/09
旅行テーマ 【ビーチ・島・リゾート】

下北b 大間崎 本州最北端・マグロ漁が盛んで ☆小島の灯台・啄木歌碑も

大間崎は、青森県下北郡大間町にある本州最北端の岬である。晴れた日は函館山から恵山岬にかけての北海道の海岸が目前に広がる。下北半島国定公園に指定されている。 下北半島北端で津軽海峡に面する位置にあり、北緯41度33分・東経140度54分。対岸に位置する北海道の汐首岬との間は僅々18km足らずに過ぎない。本州・北海道間の最短地点である。岬南方には大間町の市街地及び大間漁港が展開する。潮流の速い地域であり、周辺は良好な漁場で、マグロの一本釣りの名所として知られる。岬には「ここ本州最北端の地」の石碑が建ち、付近は公園として大規模に整備され、土産店や食堂が立ち並ぶなど観光地化が著しく、下北半島の東北側の端である尻屋崎とは対照的。 大間埼灯台・・潮流の速い水道の「クキド瀬戸」で隔てられた沖合600mの弁天島に大間埼灯台が設置されている。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用) 下北半島は、青森県の北東部にある半島。半島全体が下北半島国定公園となっており、本州最北端の地である大間崎や、日本三大霊場の恐山などがある。半島が「鉞(まさかり)」の形に似ているので、「まさかり半島」の別名もある。 下北半島にある市町村は以下の通りである。 むつ市、下北郡(風間浦村、大間町、佐井村、東通村)、上北郡(横浜町、野辺地町、六ヶ所村)(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用) 下北半島の観光については・・ http://www.shimokita-kanko.com/ 大間町の観光については・・http://oma-wide.net/event.html
八戸市の写真
八戸市の旅行記 下北b 大間崎-1
八戸市の写真
八戸市の旅行記 下北b 大間崎-2
八戸市の写真
八戸市の旅行記 下北b 大間崎-3
八戸市の写真
八戸市の旅行記 下北b 大間崎-4
八戸市の写真
八戸市の旅行記 下北b 大間崎-5
八戸市の写真
八戸市の旅行記 下北b 大間崎-6
八戸市の写真
八戸市の旅行記 下北b 大間崎-7
八戸市の写真
八戸市の旅行記 下北b 大間崎-8
八戸市の写真
八戸市の旅行記 下北b 大間崎-9
八戸市の写真
八戸市の旅行記 下北b 大間崎-10
八戸市の写真
八戸市の旅行記 下北b 大間崎-12
八戸市の写真
八戸市の旅行記 下北b 大間崎-13
八戸市の写真
八戸市の旅行記 下北b 大間崎-14
八戸市の写真
八戸市の旅行記 下北b 大間崎-15
八戸市の写真
八戸市の旅行記 下北b 大間崎-16
八戸市の写真
八戸市の旅行記 下北b 大間崎-17
八戸市の写真
八戸市の旅行記 下北b 大間崎-18
八戸市の写真
八戸市の旅行記 下北b 大間崎-19
八戸市の写真
八戸市の旅行記 下北b 大間崎-20
八戸市の写真
八戸市の旅行記 下北b 大間崎-21
八戸市の写真
八戸市の旅行記 下北b 大間崎-22
八戸市の写真
八戸市の旅行記 下北b 大間崎-23
八戸市の写真
八戸市の旅行記 下北b 大間崎-24
八戸市の写真
八戸市の旅行記 下北b 大間崎-25
八戸市の旅行記
八戸・三沢・下北半島 ,データもとぶクールビューティ
八戸市の地域
八戸・三沢・下北半島
八戸市への旅行者
永遠の旅人
八戸市の旅行時期
2014/07/19~" . 2014/07/20
旅行テーマ 【ビーチ・島・リゾート】

データもとぶクールビューティ

写真のデータがとびたいへんでした。恐山同様パワーを感じます。ポスターのような場所でした。
八戸市の旅行記
八戸・三沢・下北半島 ,種差b 葦毛崎展望台は霧雨で 遊歩道5.2kmの終点 ☆ハマナス・キスゲも咲く
八戸市の地域
八戸・三沢・下北半島
八戸市への旅行者
マキタン2
八戸市の旅行時期
2013/07/31~" . 2013/07/31
旅行テーマ 【ビーチ・島・リゾート】

種差b 葦毛崎展望台は霧雨で 遊歩道5.2kmの終点 ☆ハマナス・キスゲも咲く

種差海岸(八戸市)  岩礁地帯に隣接して、クロマツ林や海岸植物のお花畑が断続的に続く海岸です。遊歩道を歩けば、いたるところで四季折々の海岸植物が咲き誇るとともに、鳴き砂の砂浜「大須賀浜」や樹齢90年以上のクロマツ林「淀の松原」、冷涼な気候と馬の放牧によって維持されてきた「種差天然芝生地」など特徴的な景観が次々と展開し、変化に富んでいます。 ( http://www.env.go.jp/park/sanriku/guide/view.html より引用) ~名勝地 種差海岸を散策しよう~  八戸の海岸線のうち、下北半島に近い方は南北に延びる直線的で単調な砂浜が続いていますが、蕪島(かぶしま)から南側ではごつごつとした粗い岩や白い砂浜など変化に富んだ風景が人々を楽しませてくれます。  この蕪島の南から大久喜(おおくき)に至る延長12キロに及ぶ海岸とその後背地を含めた約880ヘクタールが昭和12年に国の名勝に指定されています。 葦毛崎(あしげざき)展望台 鮫角灯台前の岬にある展望台で、種差海岸遊歩道の起終点となっています。まわりにはハマナスの花が咲き乱れ、また、ここから雄大な太平洋と種差海岸の風景が一望でき、打ち寄せる白い波、白い砂浜、緑の松林などの素晴らしい景観を満喫できます。 遊歩道 葦毛崎展望台を起点として種差天然芝生地まで続く延長約5.2kmの探勝コース。通称、淀の松原と呼ばれる3kmにわたる松林とその林間に見え隠れする奇岩怪石、また、約400種にも及ぶ山野草が春から秋にかけて咲き乱れ、密生して花園のようになり、景観をさらに見事なものにしています。 白浜海水浴場 広大な砂浜が続く大須賀の一角にある白浜海水浴場は、バスや鉄道の便もよく、シャワー室・更衣室等が完備されており、7月下旬~8月中旬は売店、食堂なども営業され家族ぐるみで安心して楽しめます。平成18年には環境省指定の「快水浴場100選」にも選ばれました。 種差海岸に咲く花々 種差海岸はハマヒルガオなどの海浜植物やニッコウキスゲといった高山植物など、多様な植物の宝庫です。 ( http://www.city.hachinohe.aomori.jp/kanko/nature/tanesashi/ より引用) 三陸復興国立公園については・・1 http://www.env.go.jp/park/sanriku/
八戸市の旅行記
八戸・三沢・下北半島 ,種差a 種差天然芝生地から遊歩道を北へ ☆三陸復興国立公園指定の記念に
八戸市の地域
八戸・三沢・下北半島
八戸市への旅行者
マキタン2
八戸市の旅行時期
2013/07/31~" . 2013/07/31
旅行テーマ 【ビーチ・島・リゾート】

種差a 種差天然芝生地から遊歩道を北へ ☆三陸復興国立公園指定の記念に

種差海岸(八戸市)  岩礁地帯に隣接して、クロマツ林や海岸植物のお花畑が断続的に続く海岸です。遊歩道を歩けば、いたるところで四季折々の海岸植物が咲き誇るとともに、鳴き砂の砂浜「大須賀浜」や樹齢90年以上のクロマツ林「淀の松原」、冷涼な気候と馬の放牧によって維持されてきた「種差天然芝生地」など特徴的な景観が次々と展開し、変化に富んでいます。 ( http://www.env.go.jp/park/sanriku/guide/view.html より引用) ~名勝地 種差海岸を散策しよう~  八戸の海岸線のうち、下北半島に近い方は南北に延びる直線的で単調な砂浜が続いていますが、蕪島(かぶしま)から南側ではごつごつとした粗い岩や白い砂浜など変化に富んだ風景が人々を楽しませてくれます。  この蕪島の南から大久喜(おおくき)に至る延長12キロに及ぶ海岸とその後背地を含めた約880ヘクタールが昭和12年に国の名勝に指定されています。  種差海岸(たねさしかいがん)には、釜の口(かまのくち)、縄掛岩(なわかけいわ)、白岩(しらいわ)、高岩(たかいわ)、弁天崎(べんてんざき)など名前の付けられた岩が点在し、岩礁に白波があたって砕ける風景や大須賀海岸に打ち寄せる波山、さらには芝生と青い波のコントラストが印象的です。市の中心部から約10キロの所にあり、夏になると多くの市民が、涼を求めてここを訪れます。 種差海岸は、三陸のリアス式海岸と比較して穏やかでやさしい地形が特徴となっています。 海岸を散策する人のための遊歩道も整備されています。  ( http://www.city.hachinohe.aomori.jp/kanko/nature/tanesashi/ より引用) 三陸復興国立公園 三陸復興国立公園は青森県南部から宮城県北部に至る三陸海岸一帯を占める国立公園。東日本の国立公園では唯一ともいえる本格的な海岸公園である。管理上では北部の八戸・宮古地区と南部の大船渡地区に分割される。面積は12,212 haである。 1955年5月2日に陸中海岸国立公園として指定。2011年に発生した東日本大震災による津波で指定区域が大きな被害を受けたことを受け、震災からの復興および被害の伝承を目的として、2013年5月24日に、青森県の種差海岸階上岳県立公園及び八戸市鮫町の2地区を編入の上、現在の名称に改められた[。今後2014年中に南三陸金華山国定公園を編入することを目指しており、続いて宮城県の県立公園の編入も検討されている。公園の名称は復興状況を見て、将来的にふさわしい名称を検討する。 三陸の豊かな自然や文化に触れるための遊歩道の整備のほか、震災により被害を受けたキャンプ場などを保存するなど、津波の脅威を学ぶことができる国立公園を目指す。 三陸復興国立公園は北部と南部で性格が異なる。北部は典型的な隆起海岸を成し、高さ50 - 200 mにも及ぶ大規模な海食断崖が連続し、その間に砂浜海岸が見られる。一方、宮古市以南は典型的なリアス式海岸であり、陸地の沈降によって形成されている。 また、中小規模の半島が多く、比較的著名なものに重茂半島、船越半島、広田半島などがある。 (フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用) 三陸復興国立公園については・・1 http://www.env.go.jp/park/sanriku/
八戸市の旅行記
八戸・三沢・下北半島 ,青森-1 大間崎 本州最北端の岬は風寒く ☆まぐろ名産の町で生ウニ
八戸市の地域
八戸・三沢・下北半島
八戸市への旅行者
マキタン2
八戸市の旅行時期
2012/03/25~" . 2012/03/25
旅行テーマ 【ビーチ・島・リゾート】

青森-1 大間崎 本州最北端の岬は風寒く ☆まぐろ名産の町で生ウニ

大間崎(おおまざき)は、青森県下北郡大間町にある本州最北端の岬である。晴れた日は函館山から恵山岬にかけての北海道の海岸が目前に広がる。下北半島国定公園に指定されている。 「まぐろ一本釣の町 おおま」のモニュメント 下北半島北端で津軽海峡に面する位置にあり、北緯41度33分・東経140度54分。対岸に位置する北海道の汐首岬との間は僅々18km足らずに過ぎない。本州・北海道間の最短地点である。岬南方には大間町の市街地及び大間漁港が展開する。潮流の速い地域であり、周辺は良好な漁場で、マグロの一本釣りの名所として知られる。 大間埼灯台 潮流の速い水道の「クキド瀬戸」で隔てられた沖合600mの弁天島に大間埼灯台が設置されている。 (フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用) 大間崎については・・ http://kenbun55.web.infoseek.co.jp/ooma.html http://www.oma.co.jp/ http://view.aomori.isp.ntt-east.co.jp/livecamera/oma/java/ 銀世界を駆けるストーブ列車と絶景の五能線パノラマトレイン  さいはての津軽・下北半島めぐり 【薬研温泉】クラブツーリズム
八戸市の写真
八戸市の旅行記 ヒバ
八戸市の写真
八戸市の旅行記 ヒバ年輪
八戸市の写真
八戸市の旅行記 生ウニ 500円
八戸市の旅行記
八戸・三沢・下北半島 ,巨大で多彩な奇岩が並ぶ海岸
八戸市の地域
八戸・三沢・下北半島
八戸市への旅行者
こぼちゃ
八戸市の旅行時期
2008/08/03~" . 2008/08/03
旅行テーマ 【ビーチ・島・リゾート】

巨大で多彩な奇岩が並ぶ海岸

ねぶた祭りついでに観光した仏ヶ浦の奇岩の迫力は素晴らしかったです。 いろいろな形の岩があり散策を楽しめました。
八戸市の写真
八戸市の旅行記 人と比較してみるとスケールの大きさがよく分かります
八戸市の写真
八戸市の旅行記 がっしりと構えた感じの奇岩
八戸市の写真
八戸市の旅行記 今にも転がりそうな奇岩の横にあるトレイルを進みます
八戸市の写真
八戸市の旅行記 奇岩に囲まれた場所
八戸市の写真
八戸市の旅行記 奇岩の隙間から見える海
八戸市の写真
八戸市の旅行記 奇岩に囲まれたところで上を見上げて一枚
八戸市の写真
八戸市の旅行記 奥の奇岩には細いラインがたくさん
八戸市の写真
八戸市の旅行記 足元の様子
八戸市の写真
八戸市の旅行記 右側の岩の割れ目に何とか入ることができました。
八戸市の写真
八戸市の旅行記 割れ目の中です。 いろいろな岩を楽しめた仏ヶ浦...
八戸市の旅行記
八戸・三沢・下北半島 ,種差海岸@青森県八戸市
八戸市の地域
八戸・三沢・下北半島
八戸市への旅行者
Orca&Geologist
八戸市の旅行時期
2010/08/13~" . 2010/08/16
旅行テーマ 【ビーチ・島・リゾート】

種差海岸@青森県八戸市

海岸に芝生が広がっているめずらしい、すばらしい場所です。キャンプ場や民宿、食堂もあります。食堂では新鮮で美味しいウニ丼も食べられます。お盆帰省中に必ず寄る場所です。

旅行のクチコミサイト フォートラベル
八戸市  ビーチ・島・リゾート の旅行記


アウトドア・スポーツ体験 /  イベント・祭り・花火 /  エンターテイメント・テーマパーク /  クルーズ /  グルメ /  ゴルフ /  ショッピング /  スポーツ観戦 /  ドライブ・ツーリング /  ビーチ・島・リゾート /  マリンスポーツ /  温泉・エステ・癒し /  家族・子連れ・バリアフリー /  花見・紅葉 /  寺社・札所めぐり /  自然・動物 /  出張 世界遺産・遺跡 /  鉄道・乗物 /  登山・ハイキング /  夜景 /  歴史・文化・芸術 /